Yume’s diary

Workawayを利用して現地の人たちとの生活を通して社会システムや問題について学んでいます。

外国人に喜ばれる日本土産について〜ドイツ編〜

私はホームスティの形で滞在するにあたって、ホストにプレゼントする手土産についてすごく悩んだので、自分が行く直前にあったら読みたかったなと思う記事を書こうと思います。

 

完全な独断と偏見で書くのであまり参考にならないかもしれませんが、参考にしてみてください。

 

喜ばれるもの

  1. 日本茶
  2. 日本茶用ティーポット
  3. 綺麗な和紙折り紙
  4. 日本のお菓子(和菓子)
  5. 和柄のマスキングテープ
  6. 質の良いセンス

などなどです。

 

私は今回の6ヶ月の滞在で40Lのカバン一つで来ているので、重さも量も控えたかったために、折り紙と扇子とマスキングテープしか持って来ていなくて超後悔しています。

 

滞在先の方がヴィーガンだから食にこだわりがあるかもしれないから食べ物は控えたほうがいいかもしれない、、、と思ったのですが大間違いでした。

まさかの緑茶大好き人間で、日本茶もたくさん飲んでいます。ドイツでは緑茶は健康志向の人の間で流行って入るらしく、しかもドイツでは価格が高いので喜ばれます。

 

次に、ティーポットについてですが、こちらでは毎日ケーキを食べる習慣があるようでお茶も毎日飲みます。ですので、欧州にないようなデザインのものがあれば、喜ばれると思います。

 

トビタテで北欧にデザイン関係で留学していたひとにおそわったのですが、こちらの人は日常的に使う食器類で重視することはデザイン性と重さらしいので、毎日使っても疲れない軽いものを持って行くとより喜ばれると思います。

 

次に折り紙ですが、私はデンマークなどデザインで有名な国に行くので家の中でも飾ってもおしゃれなおりがみをもっていきました。ダイソーはこの辺りにないので、100円ではバレないと思うのでダイソーで手に入れて大丈夫だと思います。

滞在初日に夕食後、家族みんなで鶴を折って楽しみました。予想以上に楽しんでくれて、安心しました。

f:id:yumet:20170728223222j:image

部屋の一角に飾ってくれています。いい感じ。

 

次にマスキングテープについてですが、この次の滞在先が小さい子がいるデンマークの家庭なので、一緒に遊べるものがいいかなと思ってマスキングテープを選びました。喜んでもらえるかはわかりません。

 

最後に扇子についてですが、私はダイソー朝顔の扇子を買って行ったんですが、重要なのは質だと思います。折り紙は紙なので、百均でも構いませんが、扇子はチープ感が隠せていませんでした。

前にも述べたように、質の良いものを長く使う生活スタイルっぽいので、もう少しお金を出して良いものを買えば良かったなと少し後悔です。

 

迷ったらお茶です。(エコ意識の強いドイツ人のホストはティーパックタイプではなく茶漉しを使って飲むタイプが好きとのことでした。)

色々とお勧めできる点と反省点があるので、どうぞ参考程度に。

それでは。