Yume’s diary

Workawayを利用して現地の人たちとの生活を通して社会システムや問題について学んでいます。

Workawayで持って来てよかったもの〜ドイツ編〜

お土産の記事を書いた時は、持って来たらよかったと後悔したものをたくさん書きましたが、今回は「これは持って来てよかった」と思ったものを記事にしていきたいと思います。

 

 

  1. ユニクロのウィンドブレーカー
  2. タコ足の延長コード
  3. ユニクロヒートテック
  4. クリニークのふき取り化粧品
  5. 日焼け止め

などが、迷ったけど持って来てよかったものです。

 

まず、ユニクロのウィンドブレーカーについてですが、思いの外ドイツは雨がとても多いです。カッパを持って行こうかと思っていましたが、明らかなカッパを着ている人はあまりいません。

私より前にきていたカナダ人のworkawayerはTheNorthFaceのものを着ていましたが、それに比べ安くはなりますが、ユニクロのものも雨風を弾いてくれてとてもいい感じです。一つ大きめのサイズを選んで、ウルトラダウンを着た時に上から羽織って防寒効果を高めるつもりで持って来ました。

まだ冬では試していないので効果があるか楽しみです。

 

www.uniqlo.com

 

ちなみに、ベトナムに行った際に、TheNorthFaceの商品が非常に安く売られていてびっくりしたのですが、どうやらNorthFaceの工場がベトナムにあることが原因のようです。私はそこでリュックを買ったのですが、本物か疑っていましたが、性能から判断して本物でした。

私が買ったのは定価の半額より少し高いくらいだったので、ベトナムに行く際は本物かよく吟味して購入することをお勧めします。私も今度ベトナムに行く際はウィンドブレーカーを買おうと思います。

 

タコ足の延長コードについてですが、コンセントの形が国によって異なるので、百均で変換プラグを一つ買って延長コードの先にさして使っています。iPadやカメラなど多くの電化製品を持っているので、この使い方が効率がいいです。

 

クリニークのふき取りについてですが、こちらは硬水で敏感肌の私は高ミネラル水について心配していたのですが、洗顔後にクリニークのふき取り化粧水を使っていれば問題なさそうです。コットンについてはスーパーでオーガニック綿100%のもの100枚入りを100円くらいで買えるので、コットンは現地購入が良いかと思われます。

 

日焼け止めについてはドイツのものを使っていないのでよくわかりませんが、オーガニックのものが多いので、効き目が弱そうなので、焼きたくない人は持って来たほうがいいと思います。日焼け止め落としは必要なので、ビオデルマなどのふき取りのものを現地で購入すればいいと思います。

 

女性向けの記事になってしまったかもしれません。ただ最近は男性もスキンケアをしている人が多いので参考にしてもらえたらいいかと思います。クリニークやビオデルマのふき取り系のものは高価なのですが、空港の面前店では安いのでそちらを利用すればいいと思います。

 

せっかく空港を利用するなら、面前店でゲットしましょう。

それでは。