Yume’s diary

Workawayを利用して現地の人たちとの生活を通して社会システムや問題について学んでいます。

Workaway開始から1ヶ月目での生活費について

 

私がworkawayについて調べるときに、欲しかった情報をまとめます。

 

正確には1ヶ月ではなく、25日なのですが、今月内の出費はほぼ確定なので、ブログ記事にまとめます。使用した金額は日本円で21,167円でした。

 

細かく書いて行くと、

移動費 144.3ユーロ

食費  16.02ユーロ

観光費(教会やトイレの入場料、など)5ユーロ

です。

 

これ以外にもレシートに残していない、屋台で食べたソーセジなどは値段が忘れてしまいましたが、だいたい2万弱が相場なのではないでしょうか。

 

この中でリューベックに二回、Wismarに一回旅行して、北ドイツから中部までの移動費とBochumからブタペストへの移動費も含まれているので、かなりコスパのいい生活ができたとおもいます。

 

三食食べて布団で寝て、旅行をして、これなら満足ですね。同じワーホリでもオーストラリアなどでは何十万も稼いで貯金を増やす人もいるようなので、そのような人から見たらマイナスじゃんとなるのかもしれませんし、普通の観光客からすれば、25日滞在して約2万で生活費を抑えらるの??と驚く結果になるとおもいます。

 

ちなみに私は電車よりもバスを多用して、お土産などの荷物が増えるものは買っていません。服なども、まだ必要がないので買っていませんが、物価の高いデンマークに行く前にドイツで長袖の服を2枚ほど買おうと思っています。その代わり日本から持って来た夏服などの半袖は、こちらのセカンドハンドショップで売ろうと思っています。

 

もともと物欲があまりない方なので、全く苦ではありませんが、買い物大好きな人でしたら、もう少しお金がかかるかもしれません。今回の旅行での予算は20万円なので、1ヶ月2万円をめどに娯楽を楽しんでいこうとおもいます。

 

おそらくブダペストでは、歯科治療による出費があるので少し憂鬱ですが、おそらく1万円を超えることはないとおもいます。ブタベストについて調べているとかなり魅力的な町のようなのでとても楽しみです。

 

以上、お金の話でした。

参考までに。