Yume’s diary

Workawayを利用して現地の人たちとの生活を通して社会システムや問題について学んでいます。

ハンガリー観光について〜ブダペストの治安と接客〜

保険の手続きを猛ダッシュで進めていて、ひと段落ついたので、たまりにたまったブログネタを書いていきたいと思います。

 

 ハンガリーでの観光についての続きです。

ハンガリー二日目は、歯医者に行ったのち、ブダ城に登りました。

ケーブルカーはありますが、有料なので階段から登ります。まぁまぁしんどいですが、20代の人間ならそれほど大きなダメージは受けません。(ちなみにブダ城の裏でにエレベーターがありこちらは無料です。降りるとき使いました。)

f:id:yumet:20170909045353j:image

ブダ城からの眺めいい感じです。

 

f:id:yumet:20170909045413j:image

 

また、内部に入っていくと、芸術的な建物がたくさんあり、テンションが上がります。

八月に来ればこのような綺麗な花の庭園が見られます。

 f:id:yumet:20170909045437j:image

f:id:yumet:20170909045630j:image

 

補修工事が行われていました。

 f:id:yumet:20170909045703j:image

 f:id:yumet:20170909050140j:image

 f:id:yumet:20170909045726j:image

人の流れについていくと、漁夫の砦やマーチャーシュ聖堂にたどり着きます。

 f:id:yumet:20170909050154j:image

 f:id:yumet:20170909050216j:image

どこも有料でまぁまぁ高いです。

ドイツの教会は無料か寄付制のところが多いので、ブダペストは観光資源として大いに活用したいのだなと感じました。

 

教会はドイツの教会と異なり屋根がカラフルでとても可愛いです。中も見て見たかったのですが、事故の後だったので気分が乗らなかったので入らなかったです。

 

漁夫の砦は写真スポットですね。みんなバシバシ撮ってます。

 

この辺には、おみやげ屋さんが多いのでのぞいて見ましたが、唐辛子の薬や蜂蜜が結構並んでいました。わたし的には、スーパーで買えるトカイワインが最高です。

 

ここからは、観光を通しての気づきですが、ブダペストは想像していたよりもかなり治安の良い街でした。温泉に入った後ぷらぷら11時ごろに歩いてスーパーに買い物に行っても、大通りはかなり明るく人通りも多く危険な感じはありませんでした。

 

また、観光業にかなり力を入れているみたいだったので、他の産業が逼迫しているのかと思い調べてみると、ドイツの自動車工場があったりしてドイツ企業の好景気にあやかり景気はいいようです。

ただ、共産圏だった名残がよいしょよいしょで見られました。主に接客においてそれは著しいです。

 

わたしはホステルで仲良くなった子の紹介で、「ForSalePub」というグヤーシュの美味しいお店に行ったのですが、料理はとにかく最高でした。量は多いし味は美味しいし安いし完璧です。ただ、接客がとにかく荒いです。

わたしがタイに留学していたときも、基本的にはタイスマイルの人が多いですが、めちゃくちゃだるそうに仕事をする人もいたので、そのような接客には慣れていたのですが、ブダペストの店員さんはだるいというよりかは、カリカリしていました。

 

人気店なので忙しいのでしょうね。私たちの斜め前にいたおじさんが「水をくれ」(この人もやたら偉そうだった)とお店の人に言っていて、店員さんが「ハイハイハイ」と言ってたのですが、なかなか水が来ず、おじさんが「水を持ってこいって言っているだろう!!」と若干キレ気味に言うと、店員さんが「わかってるよ!!わかってる!!理解している!!」と切れてました。怒りのぶつかり稽古現場を見てしまいました。周りの客は苦笑いです。料理は美味しいし、ピーナッツが食べ放題なので、いいサービスだと思いチップは残していきましたが、なかなかハードモードな接客(と放漫な客)でした。

 

私もあんな接客やってみたいです。笑 かなり清々しいだろうなぁ。

ドイツの接客についても少し書きますが、ハンガリーからドイツへ戻ってくると、接客態度が良くてとても感動しました。資本主義の賜物です。

ドイツでは、自分自身がきちんと礼儀正しく挨拶と笑顔を欠かさないでいれば、大抵すごくいい接客をしてもらえます。たまにスーパーのレジの人でかなりだるそうな人がいますが、大抵の人はとても親切です。

 

また、わたしはスーパーで板チョコ一枚だけ買ってレジに並んだりすることがよくあるのですが、いつも、前に並んでいる人が、先にどうぞと言ってくれます。優しいなーと思います。

 

ドイツに来たばかりの頃は、YesともNoとも言わずI don't knowを連呼するドイツ人に少し冷たいなと感じていましたが、慣れて来たり、一度国外を知るとドイツの良さがわかるようになって来ました。

 

治安はいいと書きましたが、お店の窓に鉄格子があるところもかなりあります。また、深夜2時ごろになるとホテル辺りの飲み屋から奇声が聞こえてくるなどしたので、あまり深夜になってくると酔っ払いがうろついていて危険と思われます。

 

深夜2時や3時にうろつくことは、日本でもあまり安全ではないと思うので、日本国内同様に身の安全に気をつけて入れば問題ないと思われます。

 

ブダペスト総じて良い街でした。また、将来訪れたいです。次回は国立歌劇場でオペラやクラシックを鑑賞したいです。

それでは。